鴻山書 送児辰二帰古国 こうざんしょ こたつじのここくにかえるをおくる

 / 江戸 / 長野県 

高井鴻山
たかいこうざん
江戸以降
紙本 軸装
137.1×60.9cm

『高井鴻山夢物語』によると、鴻山は明治に入ってから上京し私塾を開いたが、資金難で困窮し親戚に送金の文を送るまでになった。息子の辰ニが上京して鴻山の帰郷を促したが、鴻山は従わずに辰二は一人故郷に帰った、とある。その当時を書いたものか。

作品所在地の地図

関連リンク

  • 高井鴻山記念館

鴻山書 送児辰二帰古国チェックした作品をもとに関連する作品を探す

鴻山書 白頭翁
鴻山書 白頭翁

高井鴻山

鴻山書 仏沈溺
鴻山書 仏沈溺

高井鴻山

鴻山書
鴻山書

高井鴻山

高井鴻山書
高井鴻山書

高井鴻山

鴻山書 吾悲社
鴻山書 吾悲社

高井鴻山

ページトップへ