無量義経・観普賢経 むりょうぎきょう・かんふげんきょう

その他の画像全4枚中4枚表示

 / 平安 / 日本 

日本
平安時代
彩箋墨書
(無量義経)縦25.2㎝ 横927.9㎝・(観普賢経)縦25.4㎝ 横845.8㎝ 
各一巻
東京都港区南青山6-5-1
根津美術館
国宝

平安時代後期には、美しい染紙や金銀を使用したいわゆる装飾経が数多く作られたが、なかでも写経功徳を説く『法華経(ほけきょう)』がもっとも多い。しばしば『法華経』は、序論というべき『無量義経』(開経(かいきょう))と結びの『観普賢経』(結経(けっきょう))を加えた「法華三部経」として書写された。この2巻ももとは『法華経』と一具であったと考えられる。濃淡の褐色の染紙(そめがみ)を交互に継ぎ合わせて金砂子(きんすなご)を散らした料紙に、金泥(きんでい)で界(罫)を引き、墨で経文を書写した、このような写経は「色紙経」とよばれる。温雅な和様の書風は11世紀の写経を代表する名筆といえる。両巻はそれぞれ別々の伝来経路をたどり、当館で再会を果たした。

作品所在地の地図

関連リンク

無量義経・観普賢経チェックした作品をもとに関連する作品を探す

無量義経(裝飾経)
観普賢経
紺紙金字  無量義経  断簡  (厳島切)
観普賢経〈(裝飾経)/〉
法華経 方便品 (竹生島経)
ページトップへ