山水図  さんすいず

絵画 / 室町 / 日本 

祥啓
しょうけい
日本
室町時代
紙本墨画淡彩
縦51.3㎝ 横33.3㎝
一幅
東京都港区南青山6-5-1
根津美術館
重要文化財

筆者の祥啓は鎌倉建長寺の僧で字(あざな)は賢江。書記の職にあったので啓書記とよばれることが多い。はじめ同寺の仲安真康(ちゅうあんしんこう)に絵を学んだが、文明10年(1478)に上洛し、足利将軍家の同朋衆芸阿弥についた。帰郷に際して画法伝授の証(あかし)として芸阿弥から与えられたのが「観瀑図」(No.45)である。本図の骨気(こっき)ある筆致をはじめ、岩組や樹木、あるいは諸景物の整然とした布置などに、よく師の画風を学んだことが表れており、祥啓山水画における最高傑作と称される。

作品所在地の地図

関連リンク

山水図 チェックした作品をもとに関連する作品を探す

観瀑図 
観瀑図 

芸阿弥筆 月翁周鏡他2僧賛

馬図  
馬図  

祥啓

布袋図  
布袋図  

仲安真康

観瀑図    
観瀑図    

式部輝忠筆 景筠玄洪賛

山水図
山水図

祥啓筆

ページトップへ