曜変天目 ようへんてんもく

その他の画像全3枚中3枚表示

陶磁 /  / 中国 

建窯
けんよう
中国
南宋時代
高6.7㎝ 口径11.8㎝ 底径3.9㎝
一口
東京都港区南青山6-5-149
根津美術館
重要美術品

口縁下でわずかに締まり、口縁を端折りにした典型的な天目形の碗である。内箱の蓋表に「曜変」と小堀遠州の筆になる金粉字形の書付があるが、むしろ油滴と分類されるべきとの見方もある。
黒いきめの細かい土で丁寧に成形され、漆黒釉が厚く掛けられている。釉は流れれて下方に溜まり、内外ともに片身には斑文が大きく出て、青貝のような輝きと光彩を見せるが、他面には油滴のような斑が細かく一面にあらわれている。この窯中の焼成の変わりめの部分は、青みのある銀色に輝くような釉調を見せ、見込みの茶溜りの部分にも青白みのある斑があらわれている。覆輪はない。
天目台は、尼崎台として知られるもので、薄く成形され、黒漆を薄く塗るが、光沢がしっとり美しい。口縁など縁には金属の覆輪を掛け、内側には朱塗で百足のような印が記されている。

作品所在地の地図

関連リンク

曜変天目チェックした作品をもとに関連する作品を探す

耀変天目
灰被天目茶碗(虹)
油滴天目
玳玻釉飛鳥折枝文碗(玳玻天目・鸞天目) 吉州窯
黒釉油滴斑文碗
ページトップへ