観瀑図     かんばくず

絵画 / 室町 / 日本 

式部輝忠筆 景筠玄洪賛
しきぶてるただ・けいきんげんこう
日本
室町時代  
紙本墨画
縦74.7㎝ 横28.0㎝
一幅
東京都港区南青山6-5-92
根津美術館
重要美術品

瀧に臨み鬚をひねりながら詩を吟ずるのは、唐の詩人李白である。このような観瀑図は、15世紀以来五山の文芸僧たちの好む画題であった。李白の有名な「望廬山観瀑」の詩を典拠とし、李白と観瀑のイメージを重ねあわせることで、そこに絵画や詩が成立するのであり、中国文学に憧れをもつかれら禅僧の、詩仙李白に対する敬慕に発するものといえる。芸阿弥に観瀑図があり、祥啓や相阿弥、狩野正信にも観瀑図のあることは、そこにある種の系譜も想定される。
本図の筆者式部輝忠は、画史に仲安真康や祥啓と混同されてきたが、別人で、ひろく祥啓の一派に属し、画僧の領域を超えた、かなり本格的な画技を身に付けた職業画人とみられている。画中に著賛する景筠玄洪は、妙心寺三十五世の大原崇孚の弟子で、遠州称名寺や駿河善得寺に歴住し、天正3年(1575)相模を流浪中に客死したと伝えられる。図右下に「式部」の白文方印を捺す。

作品所在地の地図

関連リンク

観瀑図    チェックした作品をもとに関連する作品を探す

巖樹遊猿図屏風
巖樹遊猿図屏風

式部輝忠

観瀑図 
観瀑図 

芸阿弥筆 月翁周鏡他2僧賛

山水図 
山水図 

祥啓

馬図  
馬図  

祥啓

江天遠意図 
江天遠意図 

伝周文筆・大岳周崇他11僧賛

ページトップへ