人形浄瑠璃文楽 にんぎょうじょうるりぶんらく

その他の画像全6枚中6枚表示

伝統芸能  文楽 / 日本 

2008年 ユネスコ 無形文化遺産保護条約 「人類の無形文化遺産の代表的な一覧表」記載
所属する機関又は団体 : 人形浄瑠璃文楽座
重要無形文化財(芸能)昭和30年5月12日指定

人形浄瑠璃文楽は,三味線音楽の義太夫節(ぎだゆうぶし)に合わせて人形操作を行う音楽劇です。18世紀に大成しました。義太夫節を語る太夫,その伴奏をする三味線方は,登場人物の性格や喜怒哀楽の心情を語り分けます。また,1体の人形を3人で操作する工夫により,人形の写実的な動きが可能となり,浄瑠璃と一体となって舞台上で高い芸術性を示します。人形浄瑠璃文楽は,我が国の代表的な伝統芸能であり,重要無形文化財に昭和30年に指定されています。

関連リンク

  • ユネスコ 無形文化遺産 (文化庁)

人形浄瑠璃文楽チェックした作品をもとに関連する作品を探す

能楽
東郷文弥節人形浄瑠璃
知立の山車文楽とからくり
題目立
組踊
ページトップへ