国立天文台太陽分光写真儀室 こくりつてんもんだいたいようぶんこうしゃしんぎしつ

近代その他 / 昭和以降 / 関東 

東京都
昭和前/1930
鉄筋コンクリート造平屋建,建築面積331㎡
1棟
東京都三鷹市大沢2-21-1
登録年月日:19980723
大学共同利用機関法人自然科学研究機構
登録有形文化財(建造物)

アインシュタインの相対性原理の検証を主目的として建てられ,アインシュタイン塔の名で知られる。観測室を頂部にもつ塔状の外観が特徴で,塔の内部には建物と絶縁された機械室が上部までつながっており,その周囲に階段と準備室が設けられている。

作品所在地の地図

関連リンク

国立天文台太陽分光写真儀室チェックした作品をもとに関連する作品を探す

国立天文台レプソルド子午儀室
国立天文台大赤道儀室
国立天文台第一赤道儀室
国立天文台第二子午線標室
国立天文台ゴーチェ子午環室
ページトップへ