旧三上家住宅(京都府宮津市河原) 主屋 みかみけじゅうたく しゅおく

その他の画像全2枚中2枚表示

住居建築 / 江戸 / 近畿 

京都府
江戸後期/1783
桁行18.0m、梁間11.1m、一部二階、入母屋造、
南面・東面及び西面庇付、北面取合の間附属、桟瓦葺及び鉄板葺
1棟
京都府宮津市字河原1850番地
重文指定年月日:20031225
国宝指定年月日:
宮津市
重要文化財

三上家は,宮津城下の西方にあり,近世には酒造業,廻船業,糸問屋等を営んでいた商家である。河原町通りに面して屋敷を構え,妻入の主屋を中心として,南側に新座敷,庭座敷を連続し,北側に釜場と酒造蔵などを配している。
 主屋は天明3年(1783)の宮津大火で類焼し,同年中に建てられた。新座敷は文政3年(1820),酒造蔵は文政13年(1830),庭座敷は天保9年(1838)の建設とわかる。
 商家としては規模も大きく,主屋に加え,別棟で建つ接客空間も上質なつくりで,酒造蔵や釜場などの施設もよく残り,高い価値がある。
 主屋は徹底した防火構造の採用や隅扇垂木の軒廻りなどに特色があり,建築時の状況も普請関係文書から知ることができ,貴重な遺構である。

作品所在地の地図

関連リンク

旧三上家住宅(京都府宮津市河原) 主屋チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧三上家住宅(京都府宮津市河原) 表門
旧三上家住宅(京都府宮津市河原) 釜場
旧三上家住宅(京都府宮津市河原) 酒造蔵
旧三上家住宅(京都府宮津市河原) 新座敷
旧三上家住宅(京都府宮津市河原) 道具蔵
ページトップへ