カトリック松が峰教会 かとりっくまつがみねきょうかい

その他の画像全2枚中2枚表示

宗教建築 / 昭和以降 / 関東 

栃木県
昭和前/1932
鉄筋コンクリート造4階建塔屋付,銅板葺,建築面積404㎡
1棟
栃木県宇都宮市松が峰1-1-5
登録年月日:19981211
カトリック浦和教区
登録有形文化財(建造物)

大谷石を貼った鉄筋コンクリート造教会堂。階上を聖堂に充てる。両サイドから聖堂にアプローチする正面階段と,八角トンガリ屋根を頂く双塔が荘重な外観を造る。ランドマークとしてもよく知られる。設計は,横浜在住のスイス人建築家マックス・ヒンデル。

作品所在地の地図

関連リンク

カトリック松が峰教会チェックした作品をもとに関連する作品を探す

日本聖公会高崎聖オーガスチン教会聖堂
カトリック豊中教会聖堂及びヨゼフ館
旧東照宮宝物館
新津記念館
前橋カトリック教会聖堂
ページトップへ