旧松坂御城番長屋 東棟 まつさかごじょうばんながや とうとう

住居建築 / 江戸 / 近畿 

三重県
江戸末期/1863
桁行90.9m、梁間9.4m、一重、切妻造、桟瓦葺、東面角屋12所附属
1棟
三重県松阪市殿町1384番地
重文指定年月日:20041210
国宝指定年月日:
重要文化財

 旧松坂御城番長屋は,松坂城南東の三の丸に位置する。文久3年(1863),松坂城警護のため,新たに松坂御城番職が設けられ,城内三の丸に御城番武士20家の居宅として建てられた。
 東と西の2棟からなり,小路を挟んで南北に相対して建つ。東棟は桁行90.9m,西棟は桁行83.6mで,ともに平屋建,桟瓦葺,背面に角屋を附属する。
 各棟とも1戸あたり間口5間を基準として,東棟10戸,西棟9戸が残る。
 旧松坂御城番長屋は,建築年代や由緒が明確で,近世武士の長屋建築として,全体規模,各戸の規模ともに最大級で,高い価値がある。他に類を見ない小路を挟んで2棟からなる構成も貴重である。
 外周を槙の生垣で囲われた宅地も,建物と一体となってよく維持されている。

作品所在地の地図

関連リンク

旧松坂御城番長屋 東棟チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧松坂御城番長屋 西棟
旧長谷川家住宅(三重県松阪市魚町) 主屋
堀家住宅(兵庫県たつの市龍野町) 裏座敷
松坂城跡
中村家住宅
ページトップへ