三河家住宅 みかわけじゅうたく

その他の画像全2枚中2枚表示

住居建築 / 昭和以降 / 中国・四国 

徳島県
昭和/1928頃
鉄筋コンクリート造、建築面積193.30平方メートル、三階、一部地下一階、瓦葺一部銅板葺
附・岩屋 1棟
  鉄筋コンクリート造、建築面積31.69平方メートル
 ・外便所 1棟
1棟
徳島県徳島市富田浜四丁目7番地2
重文指定年月日:20071204
国宝指定年月日:
徳島市
重要文化財

 三河家住宅は、産婦人科病院を開院していた医学博士三河義行が、昭和3年頃に建てた自邸で、徳島県立工業学校建築科出身の木内豊次郎が設計した。主屋は鉄筋コンクリート造3階建で、展望台としての塔屋を高く立ちあげ、2階には波形平面のテラスを設けるなど、曲面を多用した複雑で変化に富んだ輪郭を形造っている。また内部は、玄関風除室の黒白タイルの市松敷きや、曲面建具やステインドグラスなど、要所に見所をつくる。
 三河家住宅は、鉄筋コンクリート構造を用い、独特の造形意匠でまとめあげた住宅建築である。地方における近代建築の展開を物語る指標的作品のひとつとして歴史的価値が高い。

作品所在地の地図

関連リンク

三河家住宅チェックした作品をもとに関連する作品を探す

片倉館 浴場
旧池田家住宅洋館
片倉館 会館
旧東京科学博物館本館
旧村山家住宅 美術蔵
ページトップへ