一橋大学兼松講堂 ひとつばしだいがくかねまつこうどう

その他の画像全2枚中2枚表示

近代その他 / 昭和以降 / 関東 

東京都
昭和前/1927
鉄筋コンクリート造2階建、建築面積1471㎡
1棟
東京都国立市中2-1
登録年月日:20000926
国立大学法人一橋大学
登録有形文化財(建造物)

東京商科大学国立移転のシンボル的建築。神戸の名士兼松房治郎の13回忌を期に,寄付で建設される。RC造2階建,外装スクラッチタイル張り,腰石張りで,正面妻面に校章を掲げる。伊東忠太設計のロマネスク風建築として知られる。

作品所在地の地図

関連リンク

一橋大学兼松講堂チェックした作品をもとに関連する作品を探す

一橋大学東本館
一橋大学旧門衛所
大倉集古館陳列館
東京大学先端科学技術研究センター十三号館(旧東京帝国大学航空研究所本館)
東京文化財研究所黒田記念館書庫
ページトップへ