旧津島家住宅 主屋 つしまけじゅうたく しゅおく

住居建築 / 明治 / 東北 

青森県
明治/1907
木造、建築面積723.09平方メートル、一部2階建、鉄板葺
1棟
青森県五所川原市金木町字朝日山412番地1
重文指定年月日:20041210
国宝指定年月日:
金木町
重要文化財

 旧津島家住宅は,津軽地方有数の大地主であった津島家の本邸である。南北に走る表通りに西面して主屋があり,主屋北東に文庫蔵,東背後に中の蔵,米蔵が建ち並び,宅地正面及び両側面西半に煉瓦塀を廻らしている。
 主屋は明治40年,文庫蔵は明治38年の建築で,堀江佐吉の四男斉藤伊三郎が大工棟梁を務めた。中の蔵,米蔵,煉瓦塀も同時期のものである。
 旧津島家住宅は,津軽地方の伝統的町家の形式を踏襲しつつ,創意に富んだ構成や洋風の意匠を導入し,新しい時代の邸宅の姿を造り上げている。
 良材を用い,巧緻な技術が駆使された大規模な近代の住宅建築として価値が高いとともに,土蔵や煉瓦塀などがよく残り,往時の屋敷構えをよく伝えている点も貴重である。

作品所在地の地図

関連リンク

旧津島家住宅 主屋チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧津島家住宅 煉瓦塀 (南方)
旧津島家住宅 煉瓦塀 (北方)
旧津島家住宅 文庫蔵
旧津島家住宅 米蔵
旧津島家住宅 中の蔵
ページトップへ