真宗本廟東本願寺御影堂門 しんしゅうほんびょうひがしほんがんじごえいどうもん

その他の画像全2枚中2枚表示

宗教建築 / 明治 / 近畿 

京都府
明治/1911
木造二重門、瓦葺、建築面積328㎡、左右山廊付
1棟
京都府京都市下京区烏丸通七条上る二丁目常葉町754
登録年月日:20020625
宗教法人真宗大谷派
登録有形文化財(建造物)

明治40年宗祖650年遠忌事業として再建。三間三戸二重門,入母屋造,本瓦葺で,下層は二手先,二軒繁垂木,上層は三手先,二軒扇垂木とし,左右に山廊を付す。大型で立ちが高く彫刻や細部の意匠にも優れ,寺域への正門として伽藍正面の構えを整えている。

作品所在地の地図

関連リンク

真宗本廟東本願寺御影堂門チェックした作品をもとに関連する作品を探す

真宗本廟東本願寺御影堂
真宗本廟東本願寺菊の門
真宗本廟東本願寺鐘楼
真宗本廟東本願寺阿弥陀堂門
真宗本廟東本願寺阿弥陀堂
ページトップへ