旧遠江国報徳社公会堂(大日本報徳社大講堂) 旧遠江国報徳社公会堂(大日本報徳社大講堂) とおみのくにほうとくしゃこうかいどう(だいにほんほうとくしゃだいこうどう) とおみのくにほうとくしゃこうかいどう(だいにほんほうとくしゃだいこうどう)

その他の画像全2枚中2枚表示

近代その他 / 明治 / 中部 

静岡県
明治/1903
木造、建築面積三一五・〇九平方メートル、二階建、入母屋造、正面玄関及び背面便所附属、桟瓦葺
1棟
静岡県掛川市掛川1176番地
重文指定年月日:20090630
国宝指定年月日:
社団法人大日本報徳社
重要文化財

 旧遠江国報徳社公会堂は,掛川城の北東に,二宮尊徳の教えを体系化した報徳思想を普及・啓蒙する中心拠点として建設された。
 明治35 年7月に着工し,同年10 月10 日上棟,翌36 年4月5日に竣工した。
 公会堂は,正門の奥に東面して建ち,桁行20m,梁間15.8m,木造2階建,入母屋造,桟瓦葺で,伝統的な木造建築の形式・技法によりながら,1階が和風,2階が洋風の特徴ある外観をもつ。内部は81 畳敷で吹抜の大広間を中心に,正面には演壇,2階三方には吊り構造の桟敷さじきを設けている。
 わが国近代における大規模で特徴ある形式をもつ和風集会施設として重要である。

作品所在地の地図

関連リンク

旧遠江国報徳社公会堂(大日本報徳社大講堂) 旧遠江国報徳社公会堂(大日本報徳社大講堂)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

武雄温泉新館及び楼門 新館
武雄温泉新館及び楼門 楼門
旧函館区公会堂 附属棟
旧函館区公会堂 本館
大阪市中央公会堂
ページトップへ