絹本著色一遍上人絵伝〈法眼円伊筆/巻第七〉 けんぽんちゃくしょくいっぺんしょうにんえでん

その他の画像全10枚中10枚表示

絵画 / 鎌倉 / 関東 

法眼円伊
東京都
鎌倉/1299
1巻
東京国立博物館 東京都台東区上野公園13-9
重文指定年月日:
国宝指定年月日:19520329
登録年月日:
独立行政法人国立文化財機構
国宝・重要文化財(美術品)

時宗開祖である一遍の伝記を描いたもの。一遍の没後十年にあたる正安元年(1299)の作で,法眼円伊筆。全十二巻のうち,本図は近江の関寺から京都で念仏を広める巻第七にあたる。やまと絵に宋元画技法を加味した作風で,精細に活写された背景描写も注目される。

作品所在地の地図

関連リンク

絹本著色一遍上人絵伝〈法眼円伊筆/巻第七〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

紙本著色遊行上人絵伝〈巻第三残巻、第七/〉
絹本著色竹塘宿雁図
紙本著色餓鬼草紙〈/(絵十図)〉
絹本著色佐藤一斎像〈渡辺華山筆/〉
絹本著色聖徳太子絵伝(法隆寺献納)
ページトップへ