絹本著色羅漢像〈金大受筆/〉 けんぽんちゃくしょくらかんぞう

絵画 /  / 関東 

金大受
群馬県
南宋
1幅
群馬県立近代美術館 群馬県高崎市綿貫町992-1
重文指定年月日:19730606
国宝指定年月日:
登録年月日:
群馬県
国宝・重要文化財(美術品)

本図はその款記により、南宋時代に金大受【きんたいじゆ】が描いたものであることが知れる。表具裏書には、本図がもと摂州法華三味寺多田院に伝来したものであることが記されており、現在重要文化財に指定されている東博本十六羅漢十幅(原家旧蔵)と一具のものである。落ち着いた彩色をもつ描法には格調の高い風格が感じられ、南宋時代羅漢画としての基準的作例にふさわしい。金大受筆十六羅漢像の一尊としてきわめて重要である。

作品所在地の地図

関連リンク

絹本著色羅漢像〈金大受筆/〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

十六羅漢像
十六羅漢像

金大受筆

羅漢図  
絹本著色十六羅漢図
紙本墨画山水図
絹本著色羅漢図
ページトップへ