内広砂留 うちひろすなどめ

その他の画像全2枚中2枚表示

近代その他 / 江戸 / 中国・四国 

広島県
江戸/1751-1829/1868-1911増築
重力式石造堰堤、堤長21m、堤高3.8m
1基
広島県福山市神辺町西中条字トウトウ谷
登録年月日:20060803
国(国土交通省)
登録有形文化財(建造物)

六番砂留の上流で,本川に合流する堂々川右支の上流部に位置する。堤長21m,堤高3.8m規模とし,両袖部は壁体を空石積,乱積,隅部を算木積とし,水通に対して前方に張り出す。上部は,谷積により段状に築く。近世に遡る石積堰堤として貴重。

作品所在地の地図

関連リンク

内広砂留チェックした作品をもとに関連する作品を探す

堂々川一番砂留
堂々川五番砂留
鳶ヶ迫砂留
堂々川六番砂留
堂々川二番砂留
ページトップへ