赤韋威鎧〈兜、大袖付/〉 あかかわおどしよろい〈かぶと、おおそでつき〉

工芸 / 平安 / 中国・四国 

岡山県
平安
兜と大袖を具備した大鎧である。胴の仕立ては前立挙二段、後立挙三段、衡胴四段とし、草摺は脇楯を含め四間としてその前後を四段、左右を五段下がりとする。札は黒漆塗の大型三ツ目…
1領
岡山県立博物館 岡山県岡山市後楽園1-5
重文指定年月日:19690620
国宝指定年月日:19990607
登録年月日:
岡山県
国宝・重要文化財(美術品)

本鎧はかつて備中国赤木家に伝来したもので、兜の眉庇の染韋や金銅据文金物など、一部に鎌倉時代の改変が加えられているものの、総体に製作当初の姿をそのままに伝え、かつ大型三ツ目札を用いる点、草摺を前後四段、左右五段下がりとし、前の裾を分割しない点、菱襷に撫子、桜草、獅子の丸文などの染韋、粒の粗い星を有する小振りな兜鉢など、平安時代後期の大鎧に共通する古様な形制を随所に示す。実用性の高い豪壮な趣を有する大鎧として、昭和四十四年に重要文化財に指定された。すでに国宝に指定されている平安時代大鎧の多くが神前に奉納されたもので、近世以降に大幅な補修を受けているなか、そうした後補の手が加えられずに伝えられた大鎧の遺例として、その価値は甚だ貴重である。

作品所在地の地図

関連リンク

赤韋威鎧〈兜、大袖付/〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

段威大鎧
色々威腹巻〈大袖付/〉
色々威胴丸
紺糸威紫白肩裾胴丸〈大袖付/〉
腹巻 黒韋縅
ページトップへ