大洲城 苧綿櫓 おおずじょう おわたやぐら

その他の画像全3枚中3枚表示

城郭建築 / 江戸 / 中国・四国 

愛媛県
江戸末期/1843
二重二階櫓、本瓦葺
1棟
愛媛県大洲市大洲
重文指定年月日:19570618
国宝指定年月日:
大洲市
重要文化財

大洲城は元和三年加藤貞泰が入城し、以降加藤氏代々六万石の居城であった。現在は表記四棟の隅櫓を残すのみであるが、二重二階、江戸末期の建立または改修と思われる。
 台所櫓及び髙欄櫓は本丸にあり、天守に渡櫓で続いていた。苧綿櫓は肱川の土手に突出して造られ、旧二の丸の東南隅にあたる。 三の丸南隅櫓は現在加藤家の宅地内にあり、加藤家の所有になっている。 これらの遺構は勿論大洲城当初のものではないが、 その往時をしのぶ貴重な遺構である。

作品所在地の地図

関連リンク

大洲城 苧綿櫓チェックした作品をもとに関連する作品を探す

大洲城 台所櫓
大洲城 高欄櫓
大洲城三の丸南隅櫓
新発田城 旧二の丸隅櫓
新発田城 表門
ページトップへ