顔面付釣手形土器/長野県伊那市富県御殿場遺跡出土 がんめんつきつりてがたどき/ながのけんいなし

その他の画像全4枚中4枚表示

考古資料 / 縄文 / 中部 

長野県
縄文
1箇
伊那市下新田3050
重文指定年月日:19890612
国宝指定年月日:
登録年月日:
伊那市
国宝・重要文化財(美術品)

御殿場遺跡は天竜川の中流域の左岸に位置している。
 本遺品は重量感のある釣手形土器で、釣手部の付く上半部と円筒状の下半部に分かれる。上半部は三方に開口部を設け、そのうち正面は他の二面より大きくあけられている。正面周縁は一・五~二・〇センチ幅で連続的に欠損するが、全体はほぼ完全に遺存している。正面開口部に沿って縁取りするように二条の沈線を描き、沈線の外周には円孔が左右五孔ずつ、合計一〇孔が等間隔で巡っている。

作品所在地の地図

関連リンク

顔面付釣手形土器/長野県伊那市富県御殿場遺跡出土チェックした作品をもとに関連する作品を探す

顔面把手付深鉢形土器/長野県岡谷市小尾口海戸遺跡出土
彩漆土器/山形県押出遺跡出土
土偶
深鉢形土器/岩手県盛岡市繋字館市出土
土偶/岩手県紫波郡都南村手代森遺跡出土
ページトップへ