権現堂 拝殿 ごんげんどう はいでん

宗教建築 / 江戸 / 沖縄 

沖縄県
江戸後期/1786頃
桁行三間、梁間二間、一重、寄棟造、前後庇付、本瓦葺
1棟
沖縄県石垣市字石垣285番地
重文指定年月日:19810605
国宝指定年月日:
石垣市
重要文化財

権現堂は慶長十九年(一六一四)に創建されたが、明和八年(一七七一)大津波のため破壊され、その後再建された。
 神殿は三間社流造の本殿で、細部手法に特色がある。牡丹の浮彫りを付けた棒状の肘木、波と鬼を彫った板蟇股、唐獅子をはめ込んだ登高欄、竜を刻んだ方立など、本土の神社建築にはあまり例をみない。拝殿と表門及び周囲の石牆も、沖縄地方独特の形式手法をもつ。
 戦災で伝統的な建造物の多くを失った沖縄においては、本格的な近世社寺建築の唯一の遺構であり、また、我国の最南端に位置する遺構でもある。

作品所在地の地図

関連リンク

権現堂 拝殿チェックした作品をもとに関連する作品を探す

権現堂 神殿
権現堂 神殿 拝殿  附表門  附石牆
気多神社 拝殿
相馬中村神社本殿・幣殿・拝殿
気多神社 本殿
ページトップへ