旧小坂鉱山事務所 こさかこうざんじむしょ

近代その他 / 明治 / 東北 

秋田県
明治/1905
木造、建築面積753.57m2、正面三階建、両側面二階建、
背面中央部一階建、銅板葺及び厚板葺、正面中央ベランダ付
1棟
秋田県鹿角郡小坂町小坂鉱山字古館48番地2
重文指定年月日:20020523
国宝指定年月日:
小坂町
重要文化財

旧小坂鉱山事務所は,合名会社藤田組小坂鉱山事務所の本部事務所として明治38年に建てられた。設計は,同事務所工作課の北湯口勇太郎と推定されている。
 口字型平面の木造3階建で,段差のある敷地に対応するとともに採光を考慮した階層構成と平面形状を持つ。
 ルネッサンス風の漆喰壁面に木製のヴェランダポーチをはめ込んだ類例の少ない正面外観を構成している。近年,旧所在地から約500m南方に移築保存された。
 旧小坂鉱山事務所は,建築計画や建築意匠上に特徴があり,明治後期における建築技術者の洋風建築設計技術の習得度を測る上で重要である。
 また,我が国の近代鉱山における本格的鉱山事務所建築の数少ない遺構としても,高い歴史的価値がある。

作品所在地の地図

関連リンク

旧小坂鉱山事務所チェックした作品をもとに関連する作品を探す

康楽館
旧小坂鉱山病院記念棟
旧小坂鉄道小坂駅本屋及びプラットホーム
天使館(旧聖園マリア園)
旧奈良監獄 中央看守所及び事務所
ページトップへ