長秋詠藻〈上中下/〉 ちょうしゅうえいそう

その他の画像全6枚中6枚表示

 / 鎌倉 / 関東 

神奈川県
鎌倉
紙本墨書 綴葉装冊子本
縦24.6cm 横16.0cm
1帖
神奈川県川崎市多摩区東三田2-1-1
重文指定年月日:19800606
国宝指定年月日:
登録年月日:
学校法人専修大学
国宝・重要文化財(美術品)

長秋詠藻は、藤原俊成が守覚法親王の需めによって治承二年に撰した私歌集である。この専修大学本は、上中下三巻を綴葉装一帖に収め、料紙は斐紙に半葉八行、和歌は一首一行書に書写される。下巻末に藤原定家の本奥書があり、帖末には本文と同筆で、永仁四年九月七日藤原為世の書写奥書がみえて、本書の筆者を明らかにしている。長秋詠藻の古伝本は少なく、本帖は定家本の古態を伝えた為世書写本として貴重である。蜂須賀家伝来。

作品所在地の地図

関連リンク

長秋詠藻〈上中下/〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

長秋詠藻
古今和歌集〈上下/〉
後拾遺和歌抄〈上下/〉
和歌初学抄〈藤原為家筆/〉
仲文集〈藤原定家筆/〉
ページトップへ