古谿荘 大広間棟 こけいそう おおひろまとう

その他の画像全3枚中3枚表示

住居建築 / 明治 / 中部 

静岡県
明治/1910
木造、建築面積251.19平方メートル、鉄板葺、西面廊下附属
1棟
静岡県富士市岩淵233番地
重文指定年月日:20051227
国宝指定年月日:
財団法人野間文化財団
重要文化財

古谿荘は,富士山と駿河湾をのぞむ富士川西岸の高台にある。宮内大臣を務めた田中光顕が別邸として建てたもので,明治43年に竣工した。
 大規模な貴顕住宅で,表向きの広間棟,大広間棟をはじめ,居間棟,応接棟,八角堂などの居住部分から,管理棟や板蔵などの家政部分まで全体が完存している。
 大広間は延べ 104畳と広壮で,六畳大の大床を左右対称に配した特徴的な構成をみせる。また,全体は伝統的な和風意匠をとるが洋小屋の採用で木割を細くし,高い天井高を確保する等,近代的な技術も巧みにとりいれている。
 上質の材を使用し,先駆的な設備を導入するなど明治後期の貴顕住宅として規模,意匠,技術,材料とも最高級のもので,近代和風住宅建築の頂点をしめす遺構のひとつとして重要である。

作品所在地の地図

関連リンク

古谿荘 大広間棟チェックした作品をもとに関連する作品を探す

古谿荘 玄関棟
古谿荘 広間棟
古谿荘 居間棟
古谿荘 応接棟
古谿荘 内蔵
ページトップへ