北武蔵の農具 きたむさしののうぐ

その他の画像全3枚中3枚表示

有形民俗文化財 / 関東 

埼玉県
1,640点
さいたま市大宮区高鼻町4-219
指定年月日:19830413
管理団体名:
備考:内訳:水田431点 畑作293点 綿作158点 養蚕244点 運搬76点 農具製作151点 わら仕事93点
 信仰儀礼60点 仕事着89点 その他45点
埼玉県
重要有形民俗文化財

 北武蔵と呼ばれる地域は、水田とともに畑作の占める割合が高く、なかでも荒川流域の麥のタレマキ法と、大宮台地周辺の低湿地や入間・所沢付近の谷水田での「摘み田」は、類似した農法としても注目される。
 この収集は、このような地域的特色ある農耕に用いられる農具を中心に、水田用具・畑作用具・綿作用具など各種の農具を作業工程順に網羅的に収集している。また、農具にちなむ信仰・儀礼関係の用具や運搬用具や仕事着なども収集している。

作品所在地の地図

関連リンク

北武蔵の農具チェックした作品をもとに関連する作品を探す

会津只見の生産用具と仕事着コレクション
秩父の山村生産用具
明方の山村生産用具
内子及び周辺地域の製蝋用具
東秩父及び周辺地域の手漉和紙の製作用具及び製品
ページトップへ