紙本墨画凍雲篩雪図〈浦上玉堂筆/〉

絵画 / 江戸 / 関東 

浦上玉堂
江戸
1幅
重文指定年月日:
国宝指定年月日:19650529
登録年月日:
公益財団法人川端康成記念会
国宝・重要文化財(美術品)

雪に埋もれた大自然の寂寥感を、繊細な筆触と幾度も重ねられた墨の諧調によって、しっとりと表現している。浦上玉堂(一七四五-一八二〇)の六十代末期の作と想定され、彼が奥羽遊歴中に接した雪景の実感がここに結実したとみられる。玉堂独自の画境を示す代表作であるとともに、日本南画史上忘れられない名作でもある。

関連リンク

紙本墨画凍雲篩雪図〈浦上玉堂筆/〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

絹本淡彩山中結廬図〈浦上玉堂筆/寛政四年の自賛がある〉
紙本墨画山水図〈浦上玉堂筆/〉
紙本墨画淡彩酔雲醒月図〈浦上玉堂筆/〉
紙本墨画淡彩秋色半分図〈浦上玉堂筆/〉
五言絶句〈浦上玉堂筆/七十四歳の款記がある〉
ページトップへ