野州麻の生産用具 やしゅうあさのせいさんようぐ

有形民俗文化財 / 関東 

栃木県
361点
宇都宮市睦町2-2
指定年月日:20080313
管理団体名:
備考:内訳:栽培用具199点 生産用具162点
栃木県
重要有形民俗文化財

この資料は、栃木県のほぼ中央部にあたる鹿沼市周辺地域で麻の栽培と麻繊維の生産に使用された用具類を取りまとめたものである。この地域では江戸時代半ば頃から、麻の栽培が行われ江戸に出荷されていたことが知られ、特に江戸時代中期以降、現在の千葉県や茨城県の海岸地帯にも出荷され、鰯漁が盛んになった九十九里浜一帯での魚網の材料として需要が増えたといわれている。日本の代表的な麻の生産地である栃木県中央部における麻生産に関する用具が体系的に収集されている。

作品所在地の地図

関連リンク

野州麻の生産用具チェックした作品をもとに関連する作品を探す

会津のからむし生産用具及び製品
常陸大宮及び周辺地域の和紙生産用具と製品
志摩半島の生産用具及び関連資料
沢内及び周辺地域の積雪期用具
砺波の生活・生産用具
ページトップへ