太刀〈銘延吉/〉 たち〈めいのぶよし〉

その他の画像全5枚中5枚表示

工芸 / 鎌倉 / 関東 

延吉
東京都
鎌倉
鎬造、庵棟、鎬高く笠木ごころに反あり、踏ん張りがある。鋒小。鍛小板目約り、地沸つく。刃文小乱れに足葉入り、小沸よくつき、上半焼幅広くなる。帽子表小丸、裏焼詰め。茎生ぶ、…
身長73.3 反り2.9 元幅2.8 先幅1.8 鋒長2.6 茎長15.4 (㎝)
1口
刀剣博物館 東京都渋谷区代々木4-25-10
重文指定年月日:19360918
国宝指定年月日:19530331
登録年月日:
公益財団法人日本美術刀剣保存協会
国宝・重要文化財(美術品)

大和国吉野村龍門に居住した千手院一派の刀工と伝える延吉の作。姿よく地刃の出来は穏やかで、同作中最も優れたものである。後水尾天皇の御料と伝え、拵および金襴の袋もその時代の製作と認められる。

作品所在地の地図

関連リンク

太刀〈銘延吉/〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

太刀〈銘国行/〉
太刀〈銘来国光嘉暦二年二月日/〉
太刀〈銘助真/〉
太刀〈銘国行/〉
太刀〈銘正恒/〉 附黒漆太刀拵
ページトップへ