横瀬人形 よこぜにんぎょう

その他の画像全2枚中2枚表示

無形民俗文化財 / 関東 

選択年月日:19710421
保護団体名:横瀬人形保存会
備考:所在地が同一都道府県内のもの(このデータは種別1から移行しています)
記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財

 この芸能は、埼玉県秩父郡横瀬村に伝承される人形芝居で、別に秩父人形などとも呼ばれる。
 近世末期から明治にかけて盛んに行なわれたもので、江戸の薩摩若太夫の孫弟子にあたる当地の若林佐登太夫が、説経節に一人遣の人形なつけたのがそのはじまりという。現在の伝承者若林保治は、その四代目にあたる。
 人形の操法は、右手背中突込式のかげ遣いで、左手で人形の動きを助ける。特殊な操法に小栗判官矢取の技巧があり、矢を口にくわえて受けとめる技法のあるのは人形芝居の変遷過程を知るうえに貴重である。
 上演曲目には「小栗判官」「葛の葉」「日高川」など十数曲があり、地芝居としての人形芝居にまわり舞台の機構を使う演出法などは、地方的に特色の顕著なものである。

関連リンク

横瀬人形チェックした作品をもとに関連する作品を探す

奈佐原文楽
相模人形芝居
徳地人形浄瑠璃
白久の串人形
益田の糸あやつり人形
ページトップへ