突線袈裟襷文銅鐸/滋賀県野洲郡野洲町小篠原大岩山出土 とっせんけさだすきもんどうたく

考古資料 / 弥生 / 関東 

東京都
弥生
2口
台東区上野公園13-9
重文指定年月日:19870606
国宝指定年月日:
登録年月日:
独立行政法人国立文化財機構
国宝・重要文化財(美術品)

1 銅鋳。裾が緩やかに開く肉厚、均正な作りの銅鐸で、わが国出土銅鐸中最大の箇体。鐸身に六区画袈裟襷文を表わし、大形で肉厚の鈕には突線と鋸歯文・綾杉文を交互に配す。
 2 銅鋳。裾が直線状に開く細身の銅鐸。鐸身には横帯優位の六区画袈裟襷文を表わし、その内部に細かな斜格子文を充填する。

作品所在地の地図

関連リンク

突線袈裟襷文銅鐸/滋賀県野洲郡野洲町小篠原大岩山出土チェックした作品をもとに関連する作品を探す

突線袈裟襷文銅鐸/滋賀県野洲郡野洲町小篠原大岩山出土
袈裟襷文銅鐸/突線袈裟襷文銅鐸/流水文銅鐸/滋賀県野洲郡野洲町小篠原大岩山出土
突線袈裟襷文銅鐸/徳島県徳島市国府町矢野遺跡出土
袈裟襷文銅鐸/大阪府羽曳野市西浦出土
銅鐸
ページトップへ