阿蘇の御田植 あそのおたうえ

無形民俗文化財 / 九州 

選択年月日:19700608
保護団体名:阿蘇神社氏子会
備考:阿蘇の農耕祭事 所在地が同一都道府県内のもの(このデータは種別1から移行しています)
記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財

 この芸能は、熊本県阿蘇郡一宮町宮地の阿蘇神社の祭のおり(七月二十八日)に行なわれるもので、一般には御田祭(御田植神事式とも呼ばれている。
 芸能次第としては、猿田彦面をさきぶれに四基の神輿が一ノ行宮に渡御し、祭式のあった後二ノ行宮に渡御し、ここでも同様の祭式を行なう。夕刻に本社に還御し、お田植式などを行なうが、この間に、宇那利【うなり】、獅子、早乙女、田楽、人形などが加わって古風な田遊び様の芸能を示す。
 また田植式に際しての歌や、行列道中に唄われる御田植歌には古典的なものが多く、芸能史のみならず国文学史上にもきわめて貴重な資料となっている。特に、神幸式に田歌が唄われたり、人形の傘鉾の出たりする演出法は芸能として珍しく、地方的な特色の顕著なものである。

関連リンク

阿蘇の御田植チェックした作品をもとに関連する作品を探す

はやし田
睦月神事の芸能
那智の田楽
竜踊
広瀬熊野神社の御田植
ページトップへ