越中福岡の菅笠製作技術 えっちゅうふくおかのすげがさせいさくぎじゅつ

その他の画像全3枚中3枚表示

無形民俗文化財 / 中部 

富山県
高岡市福岡町
指定年月日:20090311
保護団体名:越中福岡の菅笠製作技術保存会
備考:
重要無形民俗文化財

 越中福岡の菅笠製作技術は、農作業や外出などに利用される菅笠を製作する技術であり、小矢部川流域に自生したスゲを利用して笠を製作したのが始まりといわれ、その後、菅笠用に栽培した良質なスゲを利用して製作するようになって発展した。 福岡で製作される菅笠は、加賀笠の名で広く知られ、本州日本海側に点々とみられた菅笠の製作地にも影響を与えたといわれる。
 製作工程は、笠骨作りと笠縫いからなり、農閑期に男女分業で行われる。笠骨作りは、男性が担当し、タケをひご状に巧みに加工して円錐状の笠骨を組み立てる。笠縫いは、女性が担当し、良質なスゲを丁寧に加工して笠骨に縫いつけていく。

関連リンク

越中福岡の菅笠製作技術チェックした作品をもとに関連する作品を探す

秋田のイタヤ箕製作技術
木積の藤箕製作技術
小木のたらい舟製作技術
六合入山のネドフミとスゲ細工の技術
論田・熊無の藤箕製作技術
ページトップへ