山陰の大凧揚げ習俗 さんいんのおおだこあげしゅうぞく

その他の画像全2枚中2枚表示

無形民俗文化財 

選定年月日:19941213
保護団体名:特定せず
備考:公開日:毎年3~5月(※選択当時・お出掛けの際は該当する市町村教育委員会などにご確認ください)
記録:『山陰の大凧揚げ習俗…
記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財

山陰の大凧揚げ習俗は、5月の端午の節供を中心とした時期に、子どもの初誕生などを祝って大きな凧を揚げる習俗である。島根県では隠岐島後を中心として、周囲にいくつかのくりこみをつけた「いぐり凧」が現在もみられ、鳥取県下でも大山町を中心に、大凧を作って凧合戦をしたことが報告されている。(※解説は選択当時のものをもとにしています)

関連リンク

山陰の大凧揚げ習俗チェックした作品をもとに関連する作品を探す

東海地方の大凧揚げ習俗
関東の大凧揚げ習俗
近江八日市の大凧揚げ習俗
加治木のくも合戦の習俗
対島の亀ト習俗
ページトップへ