五十猛のグロ いそだけのぐろ

無形民俗文化財 / 中国・四国 

指定年月日:20050221
保護団体名:大浦グロ保存会
備考:公開日:毎年1月11~15日(※指定当時・お出掛けの際は該当する市町村教育委員会などにご確認ください)
重要無形民俗文化財

 この行事は、大田市五十猛町大浦地区に伝承される小正月の行事である。グロと呼ばれる円錐形の大きな仮屋を浜辺に作って歳徳神を迎え、その年の豊漁や無病息災を祈願し、最後に正月飾りとともに仮屋を焼き払う行事で、1月11日から15日までの5日間にわたって行われる。
 グロと呼ばれる小正月の行事は、島根県中部の沿岸部に伝承されてきたが、現在は大浦地区で行われるのみとなっている。神を迎え・送る一連の儀礼や禁忌などの民俗的要素をよく伝えており、西日本の小正月行事の代表的なものの一つとして、我が国の年中行事や民間信仰の変遷を考える上で重要である。(※解説は指定当時のものをもとにしています)

関連リンク

五十猛のグロチェックした作品をもとに関連する作品を探す

酒津のトンドウ
粟田部の蓬莱祀
茂名の里芋祭
六郷のカマクラ行事
三島のサイノカミ
ページトップへ