烏喰の行事 からすくいのぎょうじ

その他の画像全2枚中2枚表示

無形民俗文化財 / 中国・四国 

選択年月日:20080313
保護団体名:若一王子宮総代会
備考:公開日:毎年旧暦1月1日、5月5日、9月9日(※選択当時・お出掛けの際は該当する市町村教育委員会などにご確認ください)
記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財

この行事は、香我美町徳王子の若一王子宮で年3回行われる行事である。3回とも同じように行われ、昼搗いた御膳上げ餅と呼ばれる餅を深夜に神社本殿の屋根に供え、朝までに烏がこの餅を食べたか否かで作物の豊凶を占う行事である。天下泰平、五穀豊穣、万民豊楽を願って行われ、本殿屋根の軒端に供えた御膳餅を烏が食べれば豊作になるといわれている。(※解説は選択当時のものをもとにしています)

関連リンク

烏喰の行事チェックした作品をもとに関連する作品を探す

尾張・三河の花のとう
下伊那大河内のシカオイ行事
戸沢のねじ行事
松本のコトヨウカ行事
似鳥のサイトギ
ページトップへ