崎山貝塚 さきやまかいづか

その他の画像全9枚中9枚表示

史跡 / 東北 

岩手県
宮古市大字崎山第一地割・第二地割・第三地割
指定年月日:19960716
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

 岩手県の太平洋沿岸は、そそり立つ奇岩が変化に富んで連続する風光明媚な陸中海岸国立公園にあたる。リアス式海岸であり、貝の成育に適した砂浜は発達していないが、海に突き出した海岸段丘上にはところどころに貝塚が形成されている。特に宮古湾が深く入り込んだ沿岸の西側には、縄文時代の前期から晩期にかけて貝塚を伴う五か所の拠点的な集落が営まれた。この地域の貝塚群は、周辺の海況を反映して多量には捕獲できない岩礁性の貝で構成されている。したがって、貝塚の内容は、貝よりも人工遺物や獣・魚の骨などが目立つ。
 宮古湾西岸の貝塚群には、明治42年から44年まで岸上鎌吉がしばしば訪れ、自著『Prehistoric Fishingin Japan』の資料収集のため鎌ヶ崎館山貝塚・大付貝塚などを発掘調査している。また大正13年には、内務省考査官の柴田常恵が国指定史跡候補の調査のため、磯鶏蛭夷森貝塚や崎山貝塚などを発掘した。地元の研究者による熱心な研究、長谷部言人による人骨収集を目的とした大規模な発掘調査なども昭和初期まで実施され、この地の貝塚は古くから著名であった。
 崎山貝塚は、宮古湾の北部に位置し、海岸より1・5キロメートルほど内陸に入った館ケ森と呼ぶ丘陵から海に向かって北東に延びた標高115メートル前後の舌状台地に立地する。遺跡の両側は、現在水田耕作が行われている低湿地となっている。市街地に近く、すぐ西隣を国道45号線が通り抜けるため、開発の波が押し寄せ、昭和59年、60年には遺跡の南西部で宅地造成に伴う事前調査が実施された。この時点ですでに宮古湾貝塚群は破壊が進み、宮古市教育委員会は保存が良好な本…

作品所在地の地図

関連リンク

崎山貝塚チェックした作品をもとに関連する作品を探す

里浜貝塚
上高津貝塚
住吉貝塚
伊波貝塚
東釧路貝塚
ページトップへ