黄金山産金遺跡 こがねやまさんきんいせき

その他の画像全3枚中3枚表示

史跡 / 東北 

宮城県
遠田郡涌谷町
指定年月日:19671215
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

陸奥国小田[むつのくにおだ]郡は、奈良時代から金の産出地として知られており、黄金山神社境内を流れる小川からは、いまでも少量の金が検出される。黄金山神社は「延喜式」巻10に見えるが、昭和32年、現神殿とその背後の玉垣付近を発掘調査した結果、建物基壇が発見され、4個所に根石が遺存していることが判明した。また、境内から奈良時代の軒瓦[のきがわら]等が出土したほか、付近から「天平」と箆書[へらがき]した文字瓦と瓦製宝珠[ほうじゅ]の破片が発見されているので、この地に奈良時代につくられた建物があったことは、明らかである。この事実より、黄金山神社境内の発掘遺構は、産金にちなんだ建物跡と考えられ、奈良時代の産金関係遺跡として歴史的意義が深い。

作品所在地の地図

関連リンク

黄金山産金遺跡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

出雲国府跡
城生柵跡
那須官衙遺跡
新堂廃寺跡<BR/> 附オガンジ池瓦窯跡<BR/> お亀石古墳
宮沢遺跡
ページトップへ