大谷瓦窯跡 おおやかわらがまあと

その他の画像全2枚中2枚表示

史跡 / 関東 

埼玉県
東松山市大谷
指定年月日:19581008
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

 大字大谷の地域にあり、丘陵の東面の傾斜地に営まれた登窯である。天井部は失われたが、焚口部・煙出し部をそなえており、総長約7.75メートル、幅中央部にて約1.10メートルのかなり大きい挾長の形式をなしている。窯の主体部の床面は13段よりなる階段をなし、各段の上縁部及び壁面には平瓦を固着させている。
この種の平瓦は窯の南側壁の上部又は焚口部の入口にも利用されており、この瓦窯の構築上の特色を示している。奈良時代後期の頃の瓦窯跡として重要である。

作品所在地の地図

関連リンク

大谷瓦窯跡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

備前陶器窯跡<BR/> 伊部南大窯跡<BR/> 伊部西大窯跡<BR/> 伊部北大窯跡<BR/> 医王山窯跡
吉志部瓦窯跡
七尾瓦窯跡
日の出山瓦窯跡
赤保木瓦窯跡
ページトップへ