岡藩主中川家墓所 おかはんしゅなかがわけぼしょ

その他の画像全4枚中4枚表示

史跡 / 九州 

大分県
竹田市大字会々・大字入田・久住町、豊後大野市寺原
指定年月日:19970902
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

文禄3年(1594)、中川秀成が66,000石で岡城に入城し、以後明治維新にいたるまで、竹田は中川氏の城下町であった。この岡藩主中川氏の旧藩領内での墓所は城下[[碧雲]へきうん]寺および城下北方の大船山中、そして城下東方の小富士山の3か所に営まれている。
 碧雲寺は慶長17年(1612)春、初代藩主中川秀成が建設に着手したものである。その年の夏、完成前に秀成は死去したが、葬儀はこの寺で行われた。寺号は、秀成が朝鮮より持ち帰った寺額の号によるという。この寺には初代秀成、2代久盛、4代久恒、5代久通、6代久忠、9代久持、11代久教の墓が営まれている。御成門につづく土塀に囲まれたなかに[[竜吟池]りゅうぎんち[[五]いけ]]を配し、その北側山麓に宝塔(変形)、輪塔等による墓塔を配したものである。墓塔はかつては霊廟建物(霊屋)のなかに置かれたものであり、2代久盛の霊屋は隣接する高流寺に移築され、現存する。碧雲寺所蔵の万延元年(1860)絵図に墓域が画かれているが、平成4年度にこの絵図に基づいて竹田市教育委員会が史跡整備を行った。
 3代久清の墓は城下を離れた大船山の山中にある。久清は人馬鞍に乗って大船山に登山をし、また剃髪後、「入山」を称したように大船山を好んでおり、寿墓の地を大船山中の鳥井窪に選定していた。死後遺言により墓は儒葬でその地に営まれた。8代久貞の場合も遺言により、儒葬によって岡城の南、小富士山に営まれた。岡城を眺望し得る風景絶佳の地である。なお他の藩主の墓地は東京(江戸)芝青松寺、同青山共葬墓地に営まれている。
 今回指定の対象とするのは旧岡藩領内…

作品所在地の地図

関連リンク

岡藩主中川家墓所チェックした作品をもとに関連する作品を探す

徳島藩主蜂須賀家墓所
熊本藩主細川家墓所
土佐藩主山内家墓所
土佐藩主山内家墓所
松前藩主松前家墓所
ページトップへ