根岸官衙遺跡群 ねぎしかんがいせきぐん

その他の画像全5枚中5枚表示

史跡 / 飛鳥  奈良  平安 / 東北 

福島県
いわき市
指定年月日:20050714
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

 根岸官衙遺跡群は福島県いわき市に所在する根岸遺跡と夏井廃寺跡からなる古代の官衙遺跡群である。周辺には、郡符木簡や漆紙文書を出土した荒田目条里遺跡等、多くの古代遺跡が点在する。遺跡群の所在する磐城郡は、養老2年(718)には一時期陸奥国から分離し、周辺の6郡を統括する「石城国」となるが、神亀元年(724)までに再び陸奥国に編入されて陸奥国磐城郡となった。
根岸遺跡は東に太平洋を望む比高約20mの丘陵地に立地し、南北600m、東西300mの範囲にある7世紀後半から9世紀にかけての官衙遺跡である。いわき市教育委員会による確認のための発掘調査で、政庁、正倉院等を検出した。政庁は丘陵北東部にあり、南辺は削平されているが、掘立柱塀による区画内に正殿と東西の脇殿を配することを確認し、大きく3期の変遷がある。正倉院には掘立柱建物と礎石建物があり、北群と南群に大きく分けられ、北群では管理棟と見られる廂付の建物も確認している。また丘陵南側では、7世紀から8世紀代の一辺10m前後の大規模な竪穴住居や四面廂付掘立柱建物等を確認した。これは、首長層あるいは郡司の居宅や館等の性格が想定される。丘陵ほぼ中央の沢部には廃棄場があり、木簡や木製品、土器等多量の遺物が出土した。このように、根岸遺跡は規模、配置等が明確で、政庁、正倉院等それぞれの全容と特徴が明瞭に把握できる点で貴重であり、磐城郡衙跡とする意見が強い。
夏井廃寺跡は根岸遺跡北側の沖積地に位置し、官衙に関連する古代寺院である。いわき市教育委員会による確認のための発掘調査で、塔や金堂、講堂、中門と伽藍を区画する…

作品所在地の地図

関連リンク

根岸官衙遺跡群チェックした作品をもとに関連する作品を探す

久留倍官衙遺跡
金田官衙遺跡
東山官衙遺跡
上神主・茂原官衙遺跡
三十三間堂官衙遺跡
ページトップへ