旧鶴岡警察署庁舎 旧鶴岡警察署庁舎 つるおかけいさつしょちょうしゃ きゅうつるおかけいさつしょちょうしゃ

その他の画像全2枚中2枚表示

近代その他 / 明治 / 東北 

山形県
明治/1884
木造、建築面積二三七・六〇平方メートル、二階建、宝形造、桟瓦葺
1棟
山形県鶴岡市家中新町10番15号
重文指定年月日:20091208
国宝指定年月日:
重要文化財

 旧鶴岡警察署庁舎は,地元の大工高橋兼吉が棟梁を務め明治17年11月に竣工し,その後,昭和32年に現在地に移築保存された。
 建物は,桁行18.2m,梁間12.9m,木造2階建,宝形造,桟瓦葺で,正面1階には玄関ポーチ,2階にはベランダを突出して設ける。
 旧鶴岡警察署庁舎は,欧化政策が積極的に進められた山形地方の擬洋風建築を代表する建物の一つである。
 和風と洋風の要素を巧みに融合させており,明治前期に各地の工匠によって建設された擬洋風建築の一つの到達点を示すものとして,価値が高い。

作品所在地の地図

関連リンク

旧鶴岡警察署庁舎 旧鶴岡警察署庁舎チェックした作品をもとに関連する作品を探す

安良町公民館(旧鶴岡警察署大山分署)
旧鶴岡警察署庁舎
旧西田川郡役所
龍谷大学瀬田学舎樹心館
旧西田川郡役所
旧西田川郡役所

高橋兼吉

ページトップへ