赤土山古墳 あかつちやまこふん

古墳 / 近畿 

奈良県
天理市櫟本町
指定年月日:19921215
管理団体名:天理市(平5・7・9)
史跡名勝天然記念物

奈良盆地の南東部にあたる天理市南部から桜井市にかけては、西殿塚古墳(現手白香皇女衾田陵)を中心とした大和古墳群、行燈山古墳(現崇神天皇陵)・渋谷向山古墳(現景行天皇陵)に代表される柳本古墳群、さらに南方の箸墓古墳(現倭迹々日百襲姫命陵)を最大規模とする纏向古墳群など、出現期から前期に想定される大型前方後円墳・前方後方墳が多数分布し、初期古代国家成立を考える上で、極めて重要な地域として著名である。
 赤土山古墳は大和古墳群の北、奈良盆地の東山麓から西方に向かって延びる丘陵が、最も大きく張り出した屋根筋上にあり、前方後円墳5基と40〜50基の円墳・方墳からなる古墳時代前期から中期を中心とした東大寺山古墳群の中の主要古墳の1つである。眼下に流れる高瀬川の谷筋との比高差は26メートルで、古墳からは奈良盆地のほぼ全域を遠望する視界が開け、遠く吉野の山岳地帯まで見渡すことができる。
 この古墳は、昭和62年から平成2年まで、天理市教育委員会によって発掘調査が実施され、その結果、後方部後端に造出しを有する、きわめて特異な前方後方墳であることが明らかとなった。古墳外表には全面にわたって葺石が施され、段築構造で、墳丘現存長103・5メートルである。後方部は長軸方向の長さ約44メートル、幅約33メートル、高さ約10メートルの規模で、後方部を正方形に近い形にする一般的は墳丘と異なり、やや長方形に築造し、さらに四隅を隅丸形に整形するなど、典型的な前方後円墳と比べると特異な形状を示している。また、後方部後端に造られた現存長約10メートル、高さ約3・5メートルの二段築…

作品所在地の地図

関連リンク

赤土山古墳チェックした作品をもとに関連する作品を探す

大和古墳群<BR/> ノムギ古墳<BR/> 中山大塚古墳<BR/> 下池山古墳<BR/>
松岡古墳群<BR/> 手繰ヶ城山古墳<BR/> 石舟山古墳<BR/> 鳥越山古墳<BR/> 二本松山古墳
三成古墳
黒塚古墳
纒向古墳群
ページトップへ