押ヶ垰断層帯 おしがたおだんそうたい

その他の画像全2枚中2枚表示

天然記念物 / 中国・四国 

広島県
山県郡安芸太田町、廿日市市下山大畑
指定年月日:19650701
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

太田川の上流立岩ダムから押ヶ垰坂根部落に至る約20キロメートルの間の左岸には断層帶があり、線状にならぶ4個の断層丘陵(ケルンバット)が存在する。これらはそれぞれ「タオ」「松ヶ垰」「スケソ」「ニゴヤ」と呼ばれている。
断層帶は断層丘陵の西部の鞍部(ケルンコル)を結ぶ線に沿って走っている。
安芸西部山地の谷間にみられるこのような典型的断層地形は、わが国では他に類例が少もので学術上価値が高い。

作品所在地の地図

関連リンク

押ヶ垰断層帯チェックした作品をもとに関連する作品を探す

千屋断層
船佐・山内逆断層帯
月出の中央構造線
飛水峡の甌穴群
野島断層
ページトップへ