八女古墳群
 乗場古墳
 石人山古墳
 岩戸山古墳
 善蔵塚古墳
 弘化谷古墳
 丸山塚古墳
 丸山古墳
 茶臼塚古墳
やめこふんぐん
 のりばこふん
 せきじんさんこふん
 いわとやまこふん
 ぜんぞうづかこふん
 こうかだにこふん
 まるやまづかこふん
 まるやまこふん
 ちゃ…

その他の画像全5枚中5枚表示

古墳 / 九州 

福岡県
八女市吉田・宅間・本、八女郡広川町、筑後市
指定年月日:19220308
管理団体名:八女市(大11・11・7),広川町(昭13・9・29),八女市(昭33・5・28),広川町(昭52・11・18),広川町(昭52・11・18)
史跡名勝天然記念物

前方後圓型ニシテ丘陵ノ頂上部ニ在リ後圓部石槨ノ壁面ニ赤白及ビ緑ノ三色ヲ以テ文様ヲ描ク
長峯丘陵ノ一部ヲ利用シテ築造セル前方後圓墳ナリ 封土ハ二段ニ築カレ長徑約三百七十尺、後圓部ノ徑約百七十四尺、前方部ノ幅約百八十六尺アリ周圍ニ空濠ノ阯ヲ存ス、後圓部ノ前面ニハ武裝セル石人アリ今小堂ヲ建テ之ヲ被覆セリ 又後圓部ノ中央地下約九尺ニ石棺露出セシガ近年其ノ上部ヲ發掘シテ棺蓋ニ直弧紋ヲ刻シ朱塗ヲ施セルコトヲ發見セリ 本古墳封土上ノ石人ハ古來著名ノモノナリシガ棺蓋ノ裝飾モ亦稀有ノモノナリ
大字吉田の台陵上に存する前方後円墳で、前方部は西に面し、墳丘は主軸の長さ約145mを有する宏壮なものである。現在、墳丘の南縁の一部に道路が通じ、後円部及び前方部の頂上に社殿が設けられてやや旧状を損し、内部構造も明かでないが、堀跡及び外堤をとどめており、殊にこれらは北側及び西側において顕著である。會て西側及び北側の外堤から円筒埴輪列が検出され、東北側の外堤に接する方形の台地上から石猪頭部・石人や各種の形象埴輪が発見された。また封土内からも多数の石人・石馬・石盾・石壷等が出土した。
この古墳は「筑後風土記」に見える筑紫国造磐井の墓墳の記事に一致する部分もあることにおいて注意
S52-12-055八女古墳群(新名称).txt: 福岡県の南部、築後平野に東方の水繩山系から張り出した長峯丘陵上には大規模な八女古墳群が営まれている。これらは筑紫国造磐井の一族との関連も考えられる九州地方で最も著名な古墳群であり、東西約2〜3キロメートルの丘陵上の前方後円墳と約60基の円墳が形成されている。そのうち、前…

作品所在地の地図

関連リンク

八女古墳群
 乗場古墳
 石人山古墳
 岩戸山古墳
 善蔵塚古墳
 弘化谷古墳
 丸山塚古墳
 丸山古墳
 茶臼塚古墳
チェックした作品をもとに関連する作品を探す

宮山古墳
蛭子山古墳
周布古墳
舟塚山古墳
玉丘古墳群
ページトップへ