犬吠埼の白亜紀
 浅海堆積物
いぬぼうさきのはくあきせんかいたいせきぶつ

その他の画像全5枚中5枚表示

天然記念物 / 関東 

千葉県
銚子市犬吠埼
指定年月日:20020319
管理団体名:
史跡名勝天然記念物

 白亜紀の地層は,関東地方より西では連続的に分布している。銚子地域の白亜紀の地層はこの連続的分布の東のはずれにあり,我が国の地史を考える上で重要な位置を占めている。また,この地域の白亜紀層中には,堆積構造や化石など当時の浅い海で堆積した証拠が豊富であり,浅い海に堆積した地層の典型としても貴重である。千葉県(房総半島)を構成する地層は大部分が新第三紀(およそ2500万年前)以降の新しい時代の比較的柔らかな地層であるが,銚子地域には,千葉県としては異色の古く堅い地層が露出している。銚子が浸食されずに残ったのもこの地層が露出していたおかげである。
 銚子半島東部には白亜紀(1億4,000万年前~6,500万年前)の銚子層群と呼ばれる地層が分布している。銚子層群は礫岩,砂岩,砂岩・泥岩互層などの堆積物からなり,浅海性の軟体動物化石やアンモナイトなどを産出する。銚子層群は,下位より海鹿島層,君ヶ浜層,犬吠埼層,酉明浦層,長崎鼻層で構成される。これらの地層は,沖合から浜辺にかけての浅い海で,嵐の影響を強く受けて形成されたと考えられている。
 犬吠埼灯台周辺には,犬吠埼層(約1.19~1.13億年前)が分布している。犬吠埼層は細粒-中粒砂岩ならびに細粒-中粒砂岩・泥岩互層で主に構成される。砂岩には,平行層理のほか,ハンモック状斜交層理など,嵐の堆積物に特徴的な堆積構造が発達している。さらに,これらの堆積構造に伴って,浅い海での波でつくられたウェーブリップル葉理,浅い海の流れでつくられたカレントリップル葉理,などの堆積構造がみられる。また,砂岩には,浅い海…

作品所在地の地図

関連リンク

犬吠埼の白亜紀
 浅海堆積物
チェックした作品をもとに関連する作品を探す

青島の隆起海床と奇形波蝕痕
木下貝層
猪崎鼻の堆積構造
古秩父湾堆積層及び海棲哺乳類化石群
屏風ケ浦
ページトップへ