静内御殿山墳墓群 しずないごてんやまふんぼぐん

その他 / 縄文 / 北海道 

北海道
縄文時代
新ひだか町静内目名
道南バス目名第一バス停から徒歩10分
北海道指定史跡

・静内御殿山墳墓群は、静内川河口から約5キロメートル上流の南側に面した標高20~30メートルの丘陵上に位置しています。
・昭和27年(1952)に発見され、その後数度にわたる発掘調査によって、主に縄文時代後期から晩期の配石を伴う数十におよぶ大規模な墳墓群であることがわかりました。
・この遺跡からは、石器・土器・装身具などの副葬品が多数出土しました。このうちの一部が北海道の有形文化財として指定を受けており、現在、新ひだか町静内郷土館で展示されています。
・これらの副葬品は、当時の墓制・葬制など縄文時代の人々の精神文化を考える上で貴重な資料です。
・この遺跡やその周辺では、墳墓の他にも、縄文時代早期からチャシ跡にいたるまで連綿と続く各時代の遺構や遺物が発見されており、新ひだか町の歴史を考える上でも貴重な遺跡です。

関連リンク

静内御殿山墳墓群チェックした作品をもとに関連する作品を探す

静内御殿山墳墓群出土の遺物
十勝太遺跡群
門別富仁家墳墓群
南川遺跡出土の遺物
鵡川盛土墳墓群
ページトップへ