齋藤氏庭園 さいとうしていえん

名勝 / 東北 

宮城県
石巻市
指定年月日:20050714
管理団体名:石巻市(平21・3・5)
史跡名勝天然記念物

 齋藤氏庭園は石巻平野の北西部に位置し、旧北上川右岸の沖積平野の縁辺部、地域の最高地点を成す旭山(標高173.8m)の北麓に所在する。
前谷地黒沢の齋藤氏第2代善兵衛は享保年間(1716〜1735)に酒造業をはじめ、その後代々家業を盛り立て、第7代善次右衛門のときに現在の屋敷地の基礎を成した。第9代善右衛門(1854〜1925)は明治22年(1889)に酒造業を廃業し金穀貸付業を家業の主力としてさらに家勢を極め、山形県の本間氏、秋田県の池田氏と並ぶ大地主となった。
このような資産家でありながら善右衛門の生活は質素であり、地元において小学校・公会堂の建設、鉄道の敷設等に費用を拠出するなど地域の発展に尽力したのみならず、広く学術研究、産業開発、社会改善等の各種事業に多額の寄付を投じた。また、邸宅地続きの森林を逍遙するなど自然観賞を好み、太平洋を遙かに望む絶景の丘陵頂部を開運山と名付け、明治44年(1911)にはそこに無一庵という簡素な別荘を築いて、明治35年(1902)に造営した黄金岡の清楽亭・清楽園とともに四季燕息の所とした。邸宅に造営された主庭園は、近世からの地割を活かしつつ、酒造業廃業を機会として邸内の土蔵等を整理し、清楽亭・無一庵の造営とともに明治30年代から40年代にかけて新たに拡張し、簡素に整備されたものである。
邸宅は、南西に延びて旭山に連なる緩やかな丘陵地を背後に控え、東向きを正面とする。敷地には、慶応元年(1865)の家相図に描かれている広間建物、味噌蔵、前土蔵、後土蔵、前倉庫、後倉庫の6棟の建物が原位置のまま現存し、邸…

作品所在地の地図

関連リンク

齋藤氏庭園チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧齋藤氏別邸庭園
本間氏別邸庭園(鶴舞園)
旧西尾氏庭園
旧池田氏庭園
旧齋藤氏別邸庭園
ページトップへ