山下公園 やましたこうえん

名勝 / 関東 

神奈川県
横浜市中区山下町
登録年月日:20070206
管理団体名:
登録記念物

山下公園は、大正12年(1923)に発生した関東大震災の復興事業の一環として、日本で最初に開設された臨海都市公園である。震災に伴って発生した大量の瓦礫の廃棄場所として横浜市山下町海岸通地先の海面が指定され、内務省復興局の直轄事業の下に公園用地が造成された。大正14年(1925)に護岸工事が始まり、昭和5年(1930)に竣工・開園した。
 開設当初には、ホテル・ニューグランドに面する公園南側中央部の正門をはじめ、海岸通沿いの計5箇所に入口が設けられた。正門を入ると噴水を中心として左右に花壇が展開し、その両側にパーゴラが設けられた。現在では、正門を含め4箇所の門柱、正門から西側の外柵などが開設当初のまま遺存するのをはじめ、特に正面内の西側の区域においては、当時の地割が良好に残されている。
 また、横浜港に面する石積護岸の中央及び両端の3箇所には、石積護岸が楕円形に張り出してバルコニーを形成し、曲面を描く石積に沿って水際へと降りる石造の階段が設けられた。そのうち、現在では中央と西側のバルコニー・階段が遺存する。
 昭和14年(1939)には、震災時に受けた恩恵への返礼として、横浜印度商組合が公園の西端部に水飲場を寄贈した。イスラム風の意匠を凝らした外観に特徴があり、「インド水塔」として広く市民に親しまれている。
 また、開設当初には、ボートが直接上陸できるように、園内の中央やや東よりの位置にボート・ベイシン(端艇溜)が築造されていたが、現在では当時の取入口に当たる橋と水門の遺構のみが遺存し、その他の部分は昭和29年(1954)から昭和32年(1…

作品所在地の地図

関連リンク

山下公園チェックした作品をもとに関連する作品を探す

山手公園
函館公園
横浜公園
市立港中学校門柱(旧花園橋親柱)
強羅公園
ページトップへ