円空作仏像聖観音像 えんくうさくぶつぞうしょうかんのんぞう

木像 / 明治 / 北海道 

円空
えんくう
北海道
江戸時代
善光寺(有珠郷土館)伊達市有珠町124番地
道南バス善光寺・地蔵通バス停から徒歩15分、JR有珠駅から徒歩15分、噴火湾文化研究所 0142-21-5050
善光寺
北海道指定有形文化財

・本像は、台座を含む高さが56.7センチメートルで、有珠善光寺内の有珠郷土館に安置されています。
・この像を作成した円空は、寛永9年(1632)美濃国(岐阜県)に生まれ、元禄8年(1695)7月に入寂するまでに「鉈作り」「こっぱ仏」と呼ばれる仏像を約10万体残したといわれています。
・円空は、寛文6年(1666)の春に来道したといわれています。芸術的価値が高いことはいうまでもありませんが、信仰心が神技に近い独特の仏像を作り、民間信仰とともに保存された歴史資料としても価値があります。

関連リンク

  • 北海道(地方指定文化財)

円空作仏像聖観音像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

釈迦如来立像
円空作仏像薬師像
円空作十一面観音立像
円空作観音像
木造地蔵菩薩立像
ページトップへ